1. HOME
  2. 事業・製品紹介
  3. 産業資材
  4. 産業資材
  5. ビニロン製品
  6. ユニチカビニロンの特長

産業資材 Industrial Materials

ユニチカビニロンの特長

分子内に規則的に水酸基を持つことで、特徴的な性能を発揮する
ビニロンの原料ポリビニルアルコールの化学構造

ビニロン繊維は、1950年に国産技術により工業化が開始された合成繊維で、当初は衣料用途を中心に開発が行われました。
その後、衣料用途では、ポリエステルやナイロンに代替され、ビニロンが持つ高強度特性や優れた耐薬品性などの特性が見直され、現在では下記のような産業資材用途を中心に世界で使用されています。
ユニチカは、今後とも生産の合理化、品質の向上に努め、新しい用途にマッチするビニロンを研究開発し、産業界の期待に応えるべく前進しつづけます。

ビニロン製品トップへ

↑ページトップへ