1. HOME
  2. ニュースリリース
  3. 2016-17年秋冬 ユニチカ・機能性素材の販売展開について

新着情報

[2015年11月4日]2016-17年ユニフォーム素材の販売展開について

 ユニチカトレーディング株式会社は、『2016-17年ユニフォーム素材総合展』を開催し、ユニフォーム業界に向けてプレゼンテーション及びプロモーション展開を図ります。
 当社は「不」の解消をキーワードに“超高齢化社会”を取り巻くユニフォームマーケットへ向けた機能素材を展開してまいりましたが、今回は2020年の東京五輪開催に向けて予想される訪日客の増加や、グローバル化社会の進展とともに注目される“和の文化”に焦点をあて『衣身伝心/いしんでんしん』をテーマに、成長が期待されるマーケットへ向けたユニフォーム素材を提案します。機能性の追求だけでなく、持続性や優しさも重視し、“おもてなしの心”を最新の技術に取り入れた好感度、高機能素材を提案します。

1.『2016-17年ユニフォーム素材総合展』概要
【大阪】
・日時 11月10日(火)・11日(水)
 AM10:00~PM5:30 ※11日はPM4:30まで
・場所 大阪市中央区備後町2-6-8 サンライズビル2F HALL-B
【東京】
・日時 11月17日(火)・18日(水)
 AM10:00~PM5:30 ※18日はPM4:30まで
・場所 東京都中央区日本橋富沢町11-12 サンライズビル3F

2.企画テーマ
・企画テーマ おもてなしの心『衣身伝心』

3.企画背景
 今回の展示会は、グローバル化社会の進展を背景に、これからの成長が期待される“おもてなしの心”が求められるサービス分野や、女性技能者の活躍が期待される技術系分野等をターゲットに好感度、高機能素材を提案します。これからのユニフォームに求められる役割を、職人が最も輝いていた “江戸”に焦点をあて、見直してみました。日本独自の服飾文化を発達させた時代から見出した和の心遣いである「包む」「装う」「保つ」をキーワードに、ユニチカグループのあらゆる機能を融合し“おもてなし社会”に対応したユニフォームの役割と方向性を提案します。

4.プロモート素材
①【ワーキング用途】
○「冷紡乾備®」
 「冷紡乾備®」は、 クール・ビズ対応として地球温暖化防止対策を含めた、環境対応型のユニフォーム向け織物素材群の“冠ブランド”です。春夏向けに独自制定した快適性基準である「涼しさの条件」のいずれかに合致した商品に付けられています。

○「フリーアクション®S」
 「フリーアクション®S」は、緯糸にポリエステルストレッチ糸を用いることにより、優れた伸縮性と回復性を有するストレッチ性素材です。

◯「パルパー®」(複重層紡績糸)
 「パルパー®」は、ユニチカが開発した初の特殊複重層紡績糸です。強さ、機能性に優れたポリエステル短繊維の周りを、肌に優しい綿で包み込み、綿とポリエステル、互いの良い面を引き出した理想的な素材として誕生しました。今年で販売開始40周年となるロングセラー商品です。

②【サービス用途】
○「サラクール®ネオ」(太陽光遮蔽型防透・ストレッチ素材)
 「サラクール®ネオ」は、特殊セラミックを繊維内部に高濃度で練りこむことにより、太陽光を高いレベルで遮蔽し、透け防止の効果があります。また特殊な糸加工を施しているため、ふくらみ・反撥感と伸縮性があり、独特な風合いが表現できます。

◯「シャリコット®」(異型ダブル断面構造糸)
 「シャリコット®」は、異型 W 断面構造糸を使用した涼感素材です。優れた吸水速乾性と独特のシャリ感がもたらす清涼感が特徴のクール・ビズ素材です。

③【オフィス用途】
(1)しわが気にならないウール混素材」(ウールストレッチ素材)
 「しわが気にならないウール混素材」は、組織と色彩によるハイライト効果で、ふくらみ感を利用したウール混素材です。
(2)「フィッタス®-BL」(快適トリコット素材)
 「フィッタス®-BL」は、ブラウス・シャツ用途に開発した経編素材です。トリコットの持つ優れた防シワ性やハリ・コシ感から生み出される仕立て映えの良さ、かつ適度な伸縮性、通気性による着用快適性を特長としたイージーケア性に優れた素材です。

④【安全・安心用途】
○「プロテクサ®」シリーズ
 国内外の安全基準をクリアした、当社独自の技術による高次元安全素材群です。
(1)「PROTEXA®-FR」(難燃性素材)
(2)「PROTEXA®-HV」(高視認性素材)
(3)「PROTEXA®-AS」(高制電性素材)
(4)「PROTEXA®-PS」(ウイルスバリア感染防護衣素材)

5.出展素材数
 119点

6.招待予定社
 納入業者、アパレル、企画、小売り関係、他 約200社

7.2016-17年 販売計画
 110%(2015-16年対比)

以 上


↑ページトップへ