1. HOME
  2. ニュースリリース
  3. 2011-12年秋冬ユニフォーム素材の販売について

新着情報

[2010年11月4日]2011-12年秋冬ユニフォーム素材の販売について

 ユニチカトレーディング株式会社は、『2011-12秋冬ユニフォーム素材総合展』を開催し、ユニフォーム業界に向けてプレゼンテーション及びプロモーション展開を図ります。
 昨年10月1日に当社が発足して以来、「環境」「安全/安心」「快適」をキーワードとした素材群や、リサイクルシステムを提案してまいりましたが、今回はメーカー商社としての総合力を背景に、これから成長が期待される白衣マーケットに焦点をあて『Re化系ユニフォーム』をテーマに、より安全でより安心な職場空間をサポートする高品質、高機能素材を提案いたします。

1.『2011-12年秋冬ユニフォーム素材総合展』概要

【大阪】
日時:11月11日(木)、12日(金) 10:00〜17:00
場所:大阪市中央区久太郎町4-1-11 御堂会館B1 A展示室

【東京】
日時:11月17日(水)~19日(金) 10:00〜17:00
    ※19日は15:00まで
場所:東京都港区南青山5-4-41 グラッセリア青山内 ふくい南青山291 2F

2.企画テーマ

企画テーマ:安心を着る!『Re 化系ユニフォーム』
Renovation(修復・改善) Response(変化に対応) Recycle(再利用)

3.企画背景

 近年、私たちを取り巻く社会状況は大きな転換期を迎えています。政府が目指す新成長戦略では医療・介護サービスや配食等の健康関連サービス産業の成長と雇用の促進を、また農業、林業、漁業関連では生産、加工、流通までを一体的に担う付加価値の創造に向けた地域の活性化を提案。これらの成長分野を支えるための科学・技術イノベーションシステムの構築では理数教育の強化と理系進学の促進に向けて科学技術人材の戦略的、体系的な育成、確保が実現すべき事項として掲げられています。このような政府の戦略を背景に成長が期待される白衣シーン(医療、介護、食品製造、流通、メンテナンス、教育等)の拡大に向けて、安心の象徴である白衣を新機軸にした安心・安全マーケットを構築。
 さらに、「環境」への取り組みはもちろん、食の安全性や健康に対する意識の高まりなどを背景に“安全で安心な社会の構築”へ向けた積極的な取り組みが始まっています。それらの環境に「Response(変化に対応)」すべく、「Renovation(修復・改善)」「Recycle(再利用)」に注力し、企画提案から開発、製造、販売までユニチカグループのあらゆる機能を融合した商品・サービスをトータルに提案いたします。

4.プロモート素材

【環境配慮型素材】
・「エコラリ-®」(マテリアルリサイクル)
・「シルフ®」(植物系繊維)

【安全・安心素材】
・「エバーケア®」(防透・特殊ガード防汚素材)
・「ペフエース®」(特殊ガード防汚素材)
・「デオ・シャット®」(ノネナール対応消臭加工素材)
・「ナノフェイズ®-AS」(耐久性帯電防止加工)
・「ナノフェイズ®-LF」(油性汚れ防汚加工)
・「ミューロン®-FR」(難燃性ビニロン)

【快適素材】
・「ツインライン®」(立体構造織物素材)
・「パリコット®」(高堅牢度複重層紡績素材)
・「ルクス®/LXS®」(蓄熱保温加工素材)
・「ハリエース®」(長短複合紡績ウール素材)
・「レナーサ®」(高発色・ストレッチ性ドライタッチ素材)
・「マイクローズ®」(コンパクト・ソフト風合マイクロフィラメント素材)

5.2011-12年秋冬 販売計画

115%(2010-11年秋冬シーズン対比)

↑ページトップへ